2015年09月03日

ごりんこりごりん

もっぱら、オリンピックのロゴがパクリだ!
出来レースだ!過去作品がどーだ!やんややんや!で、
賑やかですけど、



「ま、にほんて平和だな」


に尽きるな、と。


みんなが人を吊るし上げるのに使う力、
電力に還元できたら、もっと原発いらないんじゃない?
posted by Kタヲカ at 17:45| カイロ 🌁| Comment(0) | だらだら話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

ヴヴヴ ヴログ…… ガガガ

ブログといえば、最近は主に
有名人やらが発信するものという感じですね。
アメーバがどうとか。

下手すりゃ、若い子たちにしてみたら、
「一般人がブログって何すか、有名人気取りすか、パネェっすね」くらいの勢いかも。

2年ぶり。前回も1年だかぶり。
今やリンク先もほとんど畳まれているか、
ここと同じように、思念の残骸がただ佇んでいるだけ。

なんか世界中のサーバーの中に、
こういうはっきりと「止めます!」と宣言されたり
儀式をされた訳でもない、
途中でポイッとされた言葉の連なりが
散乱、いや整然と何を待つでもなくジッとしているのだろう。

お化けとか出ちゃいそう。そもそも電気を帯びるものには
なんかそういう霊的なものを引きつけるアレが
あるとかないとかいうよね。


今年の夏も暑そうです。

追伸:甲子園のことは、相変わらず斜めに見ています。

FullSizeRender.jpg
posted by Kタヲカ at 12:13| カイロ | Comment(0) | だらだら話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

きょうふをどう語るか

怖いってことひとつとっても、
語る人によって見え方も聞こえ方も違う。

かたくななはずの怖がるということが
こんなにかっこ良く見えたり、
美しく見えたりもするのかと。


怖がるからには、品よく怖がりたいものです。


久しぶりにエンジンをかけたブログの方は、
怖がる話からでした。

image-00250716033810.png

posted by Kタヲカ at 03:31| カイロ | Comment(0) | だらだら話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

憂すずみ

20120909153350.jpg


夏はノートPCがとんでもない熱を持つ。
たぶん、時間をかければ肉も
食べられる程度にいい塩梅になると思う。


「壊れるんじゃないかコレ…」
もの凄い音を立てる内蔵ファンが
恐怖心をあおるが、シーズン前半に
2、3回経験すると次第に慣れる。

冷凍庫にいつのまにか集まっている
小さい保冷剤(持ち帰りのケーキとかにくっついてくるやつ)
を下に敷くと、みるみるファンの音が小さくなり、PCも冷えていく。
家電店にいくと、専用の冷却ファンみたいなのも売っているのだけど、
これで十分なのでとくに購入にいたらない。

なかでもスタンダードっぽいのが、
PCのUSB電源で冷却ファンを
稼働するタイプらしいのだけれど、

それって、
「ウチワって、あおぐ運動をしている分
 身体がさらに暑くなっているんじゃないか疑惑」

と同様の疑問があるのです。



ちなみに「ウチワって〜」の件は、
去年の今頃、千葉の外れにあるクライアント先で
プレゼンテーションの順番を待っている時に、
クーラーの効きが異常に悪い部屋で
偉い人とウチワで仰ぎながら汗だくになって話してた話。



プレの内容はさして覚えていないけど、
このうちわの話は今でも
なぜかしっかり覚えている。

プレについては、
落ちたことはしっかり覚えています。
posted by Kタヲカ at 14:21| カイロ | Comment(0) | だらだら話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

包装倫理


本棚を片付けてたら出てきた本。

Photo H.24-07-06 17 43 00.jpg

「包結記」
すんごい昔の日本における
「包む・結う」の作法や
意味をまとめた本の復刻版。

半年近く前、友人の結婚式で
引き出物のラッピングを依頼された際、
時を同じくして
運命的にこの本の復刻を知り、

「こりゃあ、これでがっつり『包むとは何か』を
 勉強するしかないっぺよ!」
と取り憑かれたように購入。
(¥7,200-也)


やる気まんまんで、やる気まんまんで、
やる気だけまんまんで時は過ぎ、
結局この本を参考にすることなく

「包み方 デパート」で検索した
デパート包みで包みました。
(¥7,200-の件、嫁R激昂。)


や、それでも十分に大変だったのですがね。
一夜漬けで習得したデパート包みテクニックは、
慣れてきた頃に全部包み終え、
いまやすべて忘れてしまいました。


紙は、当時竹尾が売り込んでた
朱の糸がすきこまれている
「てまり」を使ってみましたよ。

temari.jpg
さすがになかなか素敵でしたが、その分高かった。
1包装単価200円かかっていることはここだけの話。

posted by Kタヲカ at 18:24| カイロ 🌁| Comment(0) | だらだら話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

ただちに影響有


ここ数年、
世の中の小島春樹くんや児嶋晴雄くんとかは
こじはるって呼ばれてんだろうなー
posted by Kタヲカ at 11:09| カイロ | Comment(0) | だらだら話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

逆鞘フレンズ


友人のOさんは、若い頃見に行ったライブの対バンに
黎明期寸前のMr.Childrenがいたにも関わらず、

当時、

「なにこの青くさいバンド。
絶対売れないなこれは。」


と確信したらしい。

もちろん、今は全面降伏。
恐ろしく見る目のない自分を認めている。




一方で友人Yくんは、
復興担当大臣に
数日就任していた松本龍議員に対して、

「お、久しぶりに骨のある大臣が出てきたな!」と高評価。

周知の通り、
傲慢な態度と失言で、彼は一瞬にして失職。
Yくんは自分の政治家を見る目のなさを実感し、(菅さんも応援してた)
「俺、いま橋下さん、決して悪いとは思ってないところもあったりするんだけど、
俺の評価が高いということは、きっとダメなんだと思う」と、絶賛自信喪失中です。
posted by Kタヲカ at 01:43| カイロ | Comment(4) | だらだら話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

見えていない



少し前に、松屋に夕飯を食べに行った時のこと。

食券の券売機が2台あって、
私の目の前には、
ほんのりイチャイチャ気味の
10代後半若人男女。
つまり券売機は埋まっています。

で、

女子が券売機に小銭を入れると、
男子が悪ふざけして
釣り銭返却のボタンを押し、
女子が「やだぁ、もう〜」とか言ってて、
二人でニヤニヤしてます。


彼らは私の存在に気づかず、
これを3回、3回繰り返したのです。


「ははは、ポチ」
ちゃりんちゃりん
「ちょっと〜★」

「ひひひ、ポチ」
ちゃりんちゃりん
「やだ〜★」

「ふふふ、ポチ」
ちゃりんちゃりん
「もうやだほんとにぃ〜★」


心に決めた。
もう一回やったら言おう。



「へへへ、ポチ」
ちゃりんちゃ




あ、悪いけど先に買っていいかな?




ごめんね。
ものすんごくバツが悪そうだったけど、
許してね。

最初の「あ、」は私の優しさです。
いきなり本題に入ると怖い人みたいだから。
ついでに「早く食券が買いたかった」ってより、
8割方嫉妬だけどね。

はい、青春退散退散。
posted by Kタヲカ at 21:48| カイロ | Comment(8) | だらだら話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

日々の記号化


20111205171126.jpg


緑茶  りんごジュース ぶどうジュース 牛乳 コーヒー トマトジュース 麦茶


20111205171126-1.jpg

りんごジュースコーヒーを飲むことに。



ブロックでなんとかゴッコをするのって、
世界の解像度をどんどん粗くした結果、
「記号」に行き着いたものだと改めて知る週末。

もともとは模倣のはずだった記号には、
オリジナルとはまた違う楽しみが生まれる。


それをおままごととか言うのだろうし、
ちょっとアレがアレな大人たちは
プレイとか言うのだろうし。
posted by Kタヲカ at 17:36| カイロ | Comment(3) | 親バカ尊し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

闇の照らすもの。

ここ1〜2ヵ月くらいの間に
山形、長野、栃木、千葉あたりに行く
キッカケが立て続けにあって、
ふと感じることがありました。

当たり前っちゃあ当たり前なのだけど、
都市部から離れた場所ってのは、
夜になるとものすんごい
暗い場所が多いのです。


少なからず地方居住経験があるはずの自分が
今回とくにそう感じるに至ったのは、
おそらく最近の移動が
どこに行った時も到着が深目の時間だったせいで、
ソワソワしていたからだと思うのですが、
(新しい街に行く時は、基本ナイーブ)
純然たる闇って、一定規模以上の街では
なかなかお目にかかれない。

車のライトを消すと本当に真っ暗だったりするし、
本当の闇って、どんだけ時間が経っても
目が慣れないのです。慣れようがない。闇だから。

続きを読む
posted by Kタヲカ at 21:30| カイロ 🌁| Comment(0) | だらだら話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。